「言語学」って知ってる?

皆さんは「ことば」について考えたことはありますか?

私たちが毎日使っている、「ことば」。

人と話す時には「ことば」を使って伝えます。

じゃあ「1人」では使わない?

そんなことないですよ!

文字を読む、聞く時、にも使っていますね。

そして頭の中で何かを考える時も「ことば」を使っているんです。(もちろん言葉ではなくイメージで考えることもありますよ!)

今回は「ことば」についての学問である「言語学」を少しだけ紹介したいと思います!


言語学とは、人々が使う「言語」の構造や意味について科学的に研究する学問領域のことです。

言語学は大きく分けて

・言語が持つ文法などの規則性について(ラング)

・実際の言語使用(パロール)

の2つの側面があります。

 

ラングでは、例えば「r(アール)とl(エル)の発音はどう違うのか」など発音のメカニズムについて考える「音声学」や「日本語と韓国語は文法が似ているのか」など語の並べ方について考える「統語論」などが挙げられます。

 

一方で、パロールは「どのようにして誘いを断るか」「“この部屋暑いね”という発話の含意は何か」などの言語使用についての学問である「語用論」が挙げられます。

 

当初の言語学は文法・文構造の研究など、「言われたこと」(テクスト)に焦点を当てた研究が主流でしたが、それだけでは理解ができないということが分かってきました。

そこで、言語使用(語用論)や社会言語学・言語人類学などといった「社会や人々の関わりの中での言語」(コンテクスト・相互行為)に関する研究が発展してきたのです。

アメリカでは、1889年に「人類学の父」と言われるフランツ・ボアズは、「先住民は聞いた単語と違った発音をする。我々と比べて発達が遅れているからだ!」みたいなことをいった論文に異論を唱えました (当時、「先住民は遅れている」みたいな風潮の研究が多くあったようです)。

関連画像
Franz Boas(フランツ・ボアズ)1858-1942

ボアズは音の単位である「音素」を発見し、「同じ音でも認識に異なりがある」と主張しました。この発見がのちにサピアやウォーフなどによって言語と文化(意識・無意識)のつながりに発展し、アメリカ言語(人類)学になっていったのです。(後々別の回でお話しできればと思います…)

 

すごく大雑把に言語学についてご紹介してきましたが、もっと深くていろんな領域があって歴史も長いですよ。面白いです。

 

あと、言語学はAIで用いられる「自然言語処理」も含みます。

初期はELIZA(イライザ)というプログラムが出てきました(iPhoneのSiriに「イライザって誰?」って聞いてみてください)。ELIZAは「言われたこと」に対する反応をするだけの素朴なプログラムでした。近年では、技術の発達によってかなり自然なやりとりができるプログラムが出てきました。

しかし、「コミュニケーション」というのは簡単に理解できるものではありません。AIが人間のように話せるようになるのはまだ先の話かなぁと思います。

コメントを残す