見える化は新しいステージへ – 事業活動(現場の活動)と個人達成目標(人事管理)の統合管理 – JIRA Align (Agilecraft)

プロセスコンサルタントのYoshiyaです。

先日アトラシアンのイベントに参加してきました。

私自身は、JIRA software/Service Desk/Confluence等は利用しています。

コンサルティングでのクライアント先にも各ツールを紹介することがありますがが、今回JIRA Align (Agilecraft)をイベントで説明を聞き社内の開発や業務管理が新しいステージに入って来たなと思いました。

Agilecraftは最近アトラシアン社が買収した企業で、アトラシアンではAgile Align として発表されています。

JIRA Align (Agilecraft)は大企業向けのチケットや管理目標(OKR/MBO)の統合管理ツールとして利用できます。

今まではJIRA Software では基本業務におけるチケット・タスク管理を主目的として利用されてきたと思いますが、JIRA Align (Agilecraft)では全てのJIRA softwareでのプロジェクトの管理だけでなくそのチームに関わる個人のOKRやMBOについても統合管理できるため個人の目標管理を実際の業務に絡めて見える化をすることができます。

今までは、人事系のツール等で行っていたことが業務と統合されることで目標のレベル感や妥当性等が再評価されると思われます。ただし、これは各個人の目標等をシステム上である程度開示することが前提となります。

*恐らく、大きな会社程目標設定のレベルにかなりの開きがあると思います。

現在、人事評価につながるようなMBO/OKRの活動を行っている企業で社内に情報を公開している企業はほとんどないと思われます。

今後は、個人のタスクだけでなく目標等を含めて見える化を進めて活動対象にたいしてのコミットを促していく必要があると考えます。

投稿者: Yoshiya Takabayashi

社員全員が自立・改善・共有できるツールの開発・導入を通じ、アジャイル経営へのサポートをいたします。

コメントを残す