推奨:JIRAはチームで導入トレーニングを行ってから

こんにちはプロセスコンサルタントのYoshiyaです。

現在いくつかのクライアント先にJIRAの導入を支援しています。

導入時に行った方が良い活動・作業がいくつかあります。
一気に新しい運用にすることを焦ることはチームがJIRAを理解することを遅らせます。
新しいツールになることでチームの管理も一時期見えにくくなります。
移行期間は運用を割り切って新しいツールになれることをお勧めします。

JIRA導入時の動き方
1.JIRAについての用語や使い方のトレーニングを行う ”最も重要”
  まずは、JIRAの用語や大きな考え方をチームや部門で理解した上で使いだすことを推奨します。
  JIRA自体の評価は数名で結構ですが、使い方や最低限のルールの設定の理解にチームメンバーへのトレーニングが必要です。
  簡単に導入できるツールですが、運用は永続的なためしっかりと準備をすることをお勧めします。

2.必要な運用からスタートする
  JIRAはチケットのトラッキングやレポート等機能が多く、さらにアドオンを購入すればかなり高度な自動化も可能です。
  導入当初はあまり複雑にせず、必要な運用からスタートし習熟度を見ながらJIRAの機能追加を行うことを推奨します。

3.予実管理はJIRAが定着してからでも良い
  アジャイル開発では工数やポイントの管理をしますが、時間やポイントの管理はJIRAの運用が慣れてから導入をお勧めします。
  見積の仕方についても工数ではなくポイント型のものに移行するチャンスでもあります。
  JIRAの機能を見ながら運用の変更をしていきます。

4.JIRAについての振り返りを行う
  導入初期段階はJIRAについてフィードバックを数週間チームから得ます。
  振り返りを経由しJIRAの機能追加を行っていきます。

ツールはいろいろな機能がありますが、しっかりと基本機能使えることが前提だと思いますのでチームのしっかりと導入プロセスを踏んで定着してほしいと思います。

   

投稿者: Yoshiya Takabayashi

社員全員が自立・改善・共有できるツールの開発・導入を通じ、アジャイル経営へのサポートをいたします。

コメントを残す