プロセスコンサルタントのYoshiyaです。

近代建築, デザイン, 鋼, ガラス, 住宅複合体, 新地区, 不動産, 外, テクスチャ, 幾何学的です

オフィスの有り方を変えて 一石N鳥を実現したい。

ゆっくり考えていることですが、今後コンパクトに以下①②③を同じスペースで実現したいと考えています。

①超小型の自社ワークルーム
② コワーキング・コスタディスペース
③ 個人事業または法人向け時間貸スペース

その理由は企業の社会と人とのかかわり方をオフィスの考えかたを変えることで変化や効率化できないかと考えています。

①②③についてはそれぞれ以下のように考えています。

① 超小型の自社ワークルーム

小さくて十分

4-6名が入る会議室的なワークスペースを考えています。ここで弊社の作業を行います。時間貸しの会議スペースへの転用も考えています。

②コワーキング・コスタディスペース 10-20名くらい小規模・イベント等にも活用

コワーキング・コスタディスペースとして運営する
スペース新たな出会いの場としての活用
会議室での塾の後に勉強できるメリットがあると考えています。

時々 コワーキング・コスタディスペースのメンバーとネットワーキングパーティもやってみたいと考えています。

③ 個人事業または法人向け時間貸スペース (自社も使いますが、固定的な時間で小規模学習塾や小規模勉強会向けとして利用)

時間貸しスペースというと少し意味合いが違うのですが、正確には、時間単位で利用できる塾や習い事用のスペースです。

塾やレッスン系の経営で最もコスト負担が高いのは事務所費用
この部分を何かの形で支援できないかとも考えています。
塾モールとまでは言わないまでもそのような感じのことを考えています。

また学びの場が会社とつながっていることに意味があると考えているため2つくらい違ったサービスが夕方から提供できると良いと考えています。例えば、理科の実験教室、プログラミング教室や英会話等を考えています。

今後実現のために少しづつ不動産屋などをまわる予定です。