リモートワーク(在宅勤務)のオンラインでの振り返り会のすすめ-  と弊社ウェビナーの紹介

こんにちは Yoshiyaです。

コロナ対策で、来週から私もほぼリモートでの作業となります。

同様にこれからリモートワークを始める企業がかなり多いと思います。

私自身は今まではリモートワークというより、場所に縛られず働くという感じで直接人と話をする必要があることが多いとオンサイトに伺います。ただ、並んだ机の場所にずっといるのは滅入るので別のフロアに行ったりして作業を行っています。ここでリモートワーク(在宅勤務)になるはまた違った感覚でどのような感じになるのか楽しみです。

私の知り合いでも最近リモートワーク(在宅勤務)に切り替わったという方が複数います。

ただ、経理作業で紙の作業があるため週に1回だけ必ず出社しないといけないようなことがあるようです。この紙について話を聞くと、紙の請求書で印鑑をついているとのことでした。2020年になるのにまだ結構紙の請求書が多いのです。

リモート(在宅)で作業行うということは少なくともプロセスのデジタル化という前にペーパレス化が最低限必要です。ペーパレス化とは例えば請求書はPDFで受け取ることにする等になります。この際、紙の請求書作業等を行っている場合はPDF等の電子化に切り替えましょう。もう紙でないとダメだという会社には、印刷して発送してくれる請求書のツールもあるのでそちらで処理しましょう。

後、まだ多いのがファイルを保存している場所が社内のファイルサーバで外部からアクセスできないケースです。
今やクラウドのストレージ(Box/Dropbox/Google Drive)が普及していますが、まだ社内専用のファイルサーバを持つ会社は多いです。この部分についてもこの際検討が必要かと思います。

後、 リモートワーク(在宅勤務) に全員が切り替わると周りの仕事の進捗が見えにくくなります。タスクが誰に振られているのか等見えにくくなります。

いろいろな不便な状態がこれから噴出してくると思いますが、それらを一旦社員や関係者で現状の振り返りを行うことを推奨します。

オンラインでの振り返り会は、 ideaboardz というアイデアを簡単に整理するツールが便利です。 一度このツールを使って社内でオンライン振り返り会をやるのは如何でしょうか?いろいろな問題が整理されるはずです。

https://ideaboardz.com/

* ideaboardz は無料で使えるツールです。付箋紙のようなカードをいろんな切り口で分類できます。 ideaboardz上のデータは、PDFやエクセルにもダウンロードできるので別の資料で活用することも可能です。

ところで、上記のような問題等を解決するチームコラボレーションのウェビナー(ウエブセミナー)を行います。

3/14(土)に弊社で 【参加無料】リモートワークによるチームコラボレーションウェビナー を開催します。

イベントで今困っていることについて ideaboardz を使ってオンラインでの振り返り会を行う予定です。

ZOOMのウェビナー機能を使いオンラインイベントを開催します。アトラシアン製品 Jira(チケット管理ツール)/Confluence(コラボレーションツール)やSlack等を使いリモートワークでの議事録からのチケット発行等を体験できます。

5月29日金曜日12時より、アトラシアン共催ウェビナーを開催いたします。

ご興味のある方は是非参加ください。

*コロナが終息するまでは無理せず活動しましょう。