こんにちはプロセスコンサルタントのYoshiyaです。

コロナの影響でリモートワーク化を進めている企業が増えてきています。

中には全社でリモートワークへ移行した企業もあります。

現実的には、リモートワークで業務を進める必要がある事情がある方を優先している企業が多いかと思います。

リモートワークを推進する上で重要なポイントで運用面とシステム面にいくつかあります。

運用面

オンラインとオフライン(オフィス)の活動と同じような行動が望ましいとのことです 。
リモートワーク化で社員同士の顔が見えなくなります。
なるべく、ビデオ会議で朝または一定の時間に顔を合わせる方が良いです。
また、少なくとも朝作業を始める時に、チャットであいさつ、今日何の仕事をするかは明示する等の最低限のルールは必要です。

下のシステム面にも影響しますが、デジタルのチケット管理システムやデジタルでのKANBAN(Jira等)で見える化をするとチームの作業状況が直ぐに分かります。

システム面

これは弊社がパートナーになっているアトラシアンのConfluenceやJira等のチケット管理システムの導入が必要です。

誰がどこで何をやっているかを見せる仕組み

場合によっては、あるタスクを何時間かけてやったかを表示できることも必要です。

情報を探さなくとも見つけることができるようにすることは重要です。情報がどこにあるかわからないようなことが社内で頻発すると無駄にチャットメッセージ増えてしまいます。
重要なのは全社で同じシステムを使うことはオンラインでもオフライン(オフィス)での作業と同じく環境を整えておく必要があります。

まだまだコロナ対策は続きますが、一度社内でオンラインの振り返りを行うことを推奨します。

ideaboardz
https://ideaboardz.com/

ideaboardz等で複数名でオンラインでの課題抽出が可能です。

ポストイットに記入して投票できるようなツールです。

是非現状の問題点を抽出して打開する改善策を検討してみてください。

今よりも良い環境を準備できると思います。