2020年度 インターン生募集について ④カルチャー

「INNOOVってどんな会社なの?」「会社の雰囲気が知りたい」と思っている方へ、今回は会社の雰囲気をご紹介したいと思います。

応募はこちら

弊社の会社の文化を、大きく以下の3つに分けて説明します。

INNOOVは
 ①オープン
 ②教育体制が実践的
 ③とにかくやってみる

1.オープンなカルチャー
まず募集要項をご覧になり、自分には無理かもな…と思う方が多いと思います。トレーニング要素が強いため、やり切れるか不安な方もいるかと思います。そこでまずお伝えしたいのは、弊社のオープンな文化です。
例えば、仕事終わりによく飲みにいきその日の振り返りをします。始業時はいきなり業務に入るのではなく、まず最近見たニュースの話や身の回りにできた出来事等の雑談をします。社内のslackでは、代表がお子さんの写真や動画を載せています。

これはあとから聞いた話なのですが、あるトレイニー生に「最初は会社のオープンさに驚いた」と言われたことがあります。 一緒にご飯に行った際に、メニューの中からいくつか選び、その料理をみんなで取り分けて食べることに対してとても驚いたそうです。
このように社内がオープンで透明でいること、そして雑談を大切にしている理由は、お互いを知ることができるためです。もちろん友達との応募も可能ですが、1人でも大丈夫です。現在は高校生から社会人の方まで幅広く在籍しており、それぞれがslackやzoomでコミュニケーションをとりながら切磋琢磨しています。自発的にトレイニー生同士で勉強会を開催することもあります。トレイニー生同士が交流できるよう、スタッフ側でもある程度は接点をつくりますので、そこはご心配なさらずにいてくださいね。


弊社のスローガンである “No Snack No Innovation” は、「お菓子を食べながら気軽に話そうよ」という意味合いを込めて名付けました。会議室には必ずお菓子を設置します。 ざっくばらんにカジュアルに話すことで新しいアイデアが生まれることがあります。 アイデアは突然生まれません。
まずは一度、一緒に食べながらお話しましょう。

2.実践的な教育体制
一般的なインターンシップは、その企業についての理解を深める内容であることがほとんどだと思います。一方的な説明や何かを教わること、作業が多いです。そのような内容になる理由の1つは、採用目的だからです。弊社では採用を目的としていないため、「企業のため」ではなく「インターン生のため」を考慮した内容としています。

既に現在、第1期生のトレイニー同士がzoomで教えながら勉強しています。元の教材が英語なので難しいと感じると思いますが、どのような点でつまずいたかや押さえておくポイント等をお互いに教え合うことができます。教わるだけでなく、教える側の立場になれること、そして教えることに対してのトレーニングもできることは非常に貴重です。また、資格受験費用の負担もあります。
資格費用について

未経験に教育を任せて大丈夫なの?と思う方もいらっしゃると思いますが、教えることは理解は深めることにおいてとても重要です。1人ではなく、必ずスタッフがつき、そのアシスタントとして教えていきますのでご安心ください。

3.早く転ぶこと
弊社は、とにかくやってみることを前提に活動しています。結果を早いうちに出すこと、つまり早く転ぶ、早く失敗することを大切としているのです。


例えば、昨年末に出版した本のプロジェクトがまさにそうでした。初めての編集~出版ということもあり、編集者さんやネットでリサーチをしながら行いました。とにかくやってみるということは、最低限の仕上がりで世の中に公開をし、その反応を見ながら追って編集をしていくということです。基本的に編集ができるので、上書きをしていきます。とはいえ、まだまだ充分でない点もありますのでバージョンアップをしていく予定です。

難しそうなことであってもできる方法を探し、まずはやってみましょう。わからなかったら、聞きましょう。
思いっきり転んでください。

今回はカルチャーを紹介しました。より詳しく知りたい方は以下 弊社公式SNSアカウントも合わせてご覧ください。

https://www.instagram.com/innoov_io
https://twitter.com/INNOOV_io

応募前に話を聞くこと(zoomで対応)も可能です。
お気軽にお問い合わせください。

PS 現在、代表がTwitterを頑張っています。
https://twitter.com/Takabayashiy

たくさんツイートしていますので、ご覧ください。

次回は、現在活動中の第1期生のある日についてご紹介します。どのように学習しているのか、もう少し詳しくお話しします。

Have a nice day!

応募はこちら

 

NEXT  >>    ⑤第1期生インタビュー