オンラインイベントの探し方 *おまけ* zoomの背景動画

自粛期間となり、オンラインでのイベントを探している方が多いと思います。そこで今回は、オンラインイベントの探し方とzoom背景動画の探し方について、ご紹介したいとおもいます。オンラインイベントをどうやって開催しようか考えているという方も参考になればいいなと思います。

※トレイニー生のインタビューは現在準備中のため、今回は別の内容をお届けします。

まずTwitter、次にメルマガ、最後にイベントサイトで検索をする

いきなりイベントサイトで検索するのでなく、まずはTwitterで調べることが大切です。その理由は、Twitterは様々なメディアが集合しているからです。URLも画像も文も動画も基本的にどんな媒体でも発信することができます。例えば、Instagramの場合、URLがリンク化されるのはプロフィールに貼るURLのみです。ストーリーにURLをリンクするには、フォロワー数が必要です。
様々なイベントの告知が見れる、そして検索がしやすいSNSはTwitterです。

イベントサイトとは、例えばpeatix, TECHPLAY, connpassです。イベントよりカジュアルなものでいうと、yentaのタイムラインやbosyuです。このようなイベントサイトやコラボレーションを募集しているアプリ/サイトの名前と興味のあるイベントのテーマやカテゴリーをTwitterの検索窓にいれると意外と出てきます。
ここでの興味のあるテーマやカテゴリーは、こんなものあるのかというニッチなものでも構いません。たとえそれに関するツイートが少ないとしても、そのツイートをした人のフォロワーやいいね欄を見ると、意外な繋がりやコミュニティを発見することができます。

隔離されている今だからこそ、様々な人とコラボレーションしてみてください。

次に、Gmailでの検索です。自社との繋がりがある企業、或いは何かしらの形でメルマガを受信している企業はあると思います。そのような企業は、今リモートワークに関する無料ウェビナーをたくさん開催しています。特に、海外の企業がたくさんあります。普段開催していないような有名企業がウェビナーを開催していることもあります。この時期にしか聞けない、おいしい情報は仕入れておきましょう。時差はありますが、可能なものは参加してみましょう。(録画してくれるところも多いです。)

ちなみに明日は、毎年ラスベガスで開催されるアトラシアンサミットの配信があります。

ここまで検索をすると、あらゆる種類のオンラインイベントを見たために自分の知りたいことや参加してみたいイベントの共通キーワードが出てきます。そのキーワードをイベント検索サイトで調べましょう。たくさんのイベントを知った後なので、具体的なキーワードを基に検索できます。

②zoom背景画像

背景動画はpexelで探すことができます。
ずっと在宅勤務をしていると飽きてしまうので、たまには変えて気分転換してみるのもいいかもしれません。チームのみんなにも教えてあげましょう。

Have a nice day♪