リモートワーク化支援

プロセスコンサルタントのYoshiyaです。

コロナの対応はまだ続きます。

政府から「外出自粛や出勤者の最低7割減の要請」とあり企業も対応に奔走していると思います。

出勤者の最低7割減については、リモートワークでの作業やプロジェクト等の凍結により作業の延期などで対応するケースが多いかと思います。

いろいろと社内の制約があり7割の出勤者を減らすことができないと考えている会社もあるかと思います。

制約が有ったり、業務の停止などに補償は無いということもあるでしょうが、ここはまず安全第一で行きましょう。

今感染してしまうと薬がまだ無いため1か月は療養のために時間が必要となります。場合によっては重症化することも当然あり仕事どころではな無くなることもあります。また、集団で感染をしてしまうと1つの業務どころが会社が止まってしまいます。

間接部門はリモートワークでできないと思っていても兎に角やりましょう。

問題点が明らかになります。紙のデジタル化やネットワークアクセス等いろいろと課題が出てくるでしょう

恐らくその殆どが今の時代解決できるものが多いと思います。

リモートワークで紙のデジタル化は対象の作業ができてきたら、社内であろうが社外であろうが、最低でもPDFでのやり取りに変更してもらいましょう。

情報のやり取りがセキュアでないといけない場合は、DocusignやCloudsign等の電子サインのサービスを使ったりもできます。

リモート環境での業務の見える化についてもクラウドサービスで対応が可能です。

弊社は、リモートワークのための見える化やクラウドサービスによるデジタル化支援を行っております。

何かしらのお手伝いができると思いますのでご相談ください。