リモートワークを試してみましょう

こんにちは プロセスコンサルタントのYoshiyaです。

まだコロナの状況は続きますが、リモートワークの導入はいかがでしょうか?

1か月ほど前にクライアント先でコロナの影響で満員電車に乗りたくないから会社に行かないという方がいる話をききました。*このクライアントはまだリモートワークの導入は行っていません。

その話を担当者から聞いた時に、その方で”試し”にリモートワークをやってみるのはどうですかと言ったところちょっと考えた末にやってみるかということになりました。

できないことを把握する

まず、クライアントの担当者は自社の業務でリモートワークができると思っていなかったのですようですが、具体的には”できない処理”等について把握をしていませんでした。

リモートワークだけでなく、いろいろなツールテストでも同じですが、”出来ること””出来ないこと”を具体的に記録していくことで不安は解消されます。

また”出来ないこと”でも代替手段で実現できることが殆どでトータルで見ると問題無く作業ができます。場合によっては、不要な処理もあったりしますので”出来ないこと”について対応が必要かどうかを判断します。

とりあえず試しにリモートワークを行うこととなったのですが、その後クライアントの担当者に少し変化がありました。

 

机を減らすことでオフィスを広く有効に使う


リモートワークで作業がある程度できるようになったのでオフィスの机を撤去してフリーデスクにするのはどうかということを相談されました。

今ではクライアントの担当者は狭い感じのオフィスを少し広く使えるように机を入れ替え、空いたスペースを別の用途に使うようなアイデアを考えだしています。

上手くリモートワークの対象者が増えていけば、現在までおオフィスで行っていた作業を自宅等で行うことにできるため自社のオフィスを縮小(賃貸契約の見直し)したり別の用途での利用等アイデアが広がりコスト削減などにも繋がります。

まだ耐えながら前に進む感じですが、試行錯誤をしながら現状についても改善を進めていきましょう。

 

試してみましょう、いろいろな働き方のカイゼン

 

『働き方改革』というワードが世の中に出回るようになって、もう数年がたちます。その実態は、残業を減らす、同一労働同一賃金、有休取得の促進といった、旧来の日本社会の働き方を見直すものでした。もちろん、そうした働き方改革に不満を持つ人もいるでしょうし、日本の労働改革が完璧なものだとは言いがたい部分があります。

 

しかし、いままでの働き方があまりに国際社会に遅れたものであることは、誰しもがなんとなくわかっているものでした。実際、公益財団法人 日本生産性本部の定義によりますと、生産性とは、以下のように定義でき、それが非常に遅れたものであることがわかります。

https://www.jpc-net.jp/movement/productivity.html

 

生産性 = アウトプット / インプット

 

つまり、単位時間あたり、どれだけの入力で、出力できるか。それが生産性の定義であり、同時に生産性を高めて行くには、同じだけのインプットで最大限のアウトプットをもたらす必要があります。

 

実は、リモートワークはこの生産性を最大限引き出す仕組みです。リモートワークは、働いている姿がみえません。この「見えなさ」こそがさまざまな価値観の転換を呼び起こすのです。見えないからこそ、その仕事の価値は、出てきた成果物(アウトプット)で判断するほかありません。

 

リモートワークを試してみましょう。

ただ、とても困難な道のりです。なぜなら、マネジメントする側にも、また変化が求められるからです。席に座って大人しくパソコンに向かっている、長時間オフィスに在籍している、それだけで評価していてはいけないのです。中身を判断して、成果物で仕事の質を見抜く本質的な仕事力が必要となります。

 

リモートワークを試してみましょう。大きなカイゼンになります。

その本質は生産性であり、むき出しの仕事力が必要とされます。

 

リモートワークによって明らかとなるWeb会議の本質

 

むき出しの仕事力という言葉がでました。どういうことなのでしょうか。

たとえば、Web会議ひとつを取り上げてみましょう。ZoomMicrosoft TeamGoogle Meetといった世界標準のWeb会議アプリには、役職の区別や上座/下座の概念がありません。

 

従来、会議室において、職場内で偉い人の順番に席次が並べられると言うことがあったのではないでしょうか。職場長を中心に、年次の順に席が並べられて、議事録係の新入社員はいちばん最後だったのが従来の会議室でのスタイルです。その場で、下座の若手社員が意見を通すのは、非常に困難であるばかりか、声を上げることすら困難なピラミッドがありました。

 

しかし、Web会議では、すべてがフラットになります。画面の中で、すべてのひとが一人一票の権利を持っており、発言権を持つのです。つまり平等になります。若手社員は活発に意見でき、これまで従来の会議では腕組みしてそれっぽい感じでみているだけだった人は、発言をしてないことがつまびらかになります。

 

これによって、会議も大きく変わるでしょう。雰囲気や忖度といったネガティブな側面が失われ、活発・フラットといったポジティブな面をより得られるようになるのです。

 

Web会議も、在宅リモートワークも、ただ離れた場所にいる人をくっつけるだけではなく、場の支配そのものが変化します。これによって、働き方が大きく変わるのです。もちろん、良い方向に変わります。

 

まとめ

 

リモートワークは一度試してみる価値があります。

厳しいこともあるかもしれませんが、ただ満員電車に乗らなくて済むという単純な問題ではないのです。仕事のありかた、向き合い方、生産性と休憩のバランス、自己管理能力と、仕事の本質的なあり方を問いかけてくるものです。

 

そんなリモートワークを試してみること。

大きな改革を伴いますが、その得られる果実はとても大きいでしょう。

 

 

弊社では、リモートワーク化の導入支援を行っております。

お問い合わせは弊社サイトのチャットまたはお問い合わせページにお願いいたします。