アトラシアンハッカソン「CODEGEIST 2020」 – 面白い!続々出てくる便利なアドオン!

こんにちは!Cloud Engineer のGenです。

今回は、Atlassianハッカソンイベント CODEGEISTについてご紹介していきます。


目次 / ラインナップ

  1. 「CODEGEIST」って?
  2. 今回受賞したアドオンを一部紹介!
  3. 今後注目の開発プラットフォーム「Forge」

「CODEGEIST」って?

https://codegeist.devpost.com/

アトラシアンのハッカソンの一つで、年に一度行われる世界的なハッカソンイベントです。

開発するものはAtlassian Marketplace というオンラインアプリストア・プラットフォームで掲載されるアトラシアン製品のアドオンです。アトラシアン製品(Jira, Confluence, Bitbucket など)の機能を拡張させて活用方法の幅を広げていきます。

このイベントは2006年に始まり、多くのアドオンが生まれてきました。

今回受賞したアドオンを一部紹介!

CODEGEIST 2020 での受賞者の決定がアナウンスされていました。今回は各部門で大賞を受賞した2つのアドオンを紹介します。

Meetical for Confluence Cloud

Google Calendar などのカレンダーアプリからコンフルエンスの議事録作成が可能になるアドオンです。ミーティング予約と議事録作成がセットでできるのは少々地味かもしれないですが、結構効果的だと思います。

Scrum Maister

Forgeで開発されたアプリ!スクラムマスターとAIの組み合わせを活用して、課題グルーミングやスプリント分析、レトロスペクティブにおけるインテリジェントヘルパーです。課題の内容(説明フィールドの内容等)から自動的にフィードバックとかレトロスペクティブがされるらしい。。

他の製品など詳細は『Atlassian Developer Blog』をご確認ください!

今後注目の開発プラットフォーム「Forge」

Forgeは、AWS Lambda上に構築されたAtlassianによるサーバレスプラットフォームです。コンピュートやストレージはアトラシアンが運用管理を行うので、非常に少ない工数でアプリ運用を行うことが可能になります。

コーディングでは、「Forge UI」と呼ばれるUIランゲージを用いることで、簡易的にPCとモバイル両方でのユーザーインターフェイスを構築することができます。つまり、「ローコード」でアプリが作れるプラットフォームというわけです。

CODEGEIST 2020 では、このForgeを活用した開発もテーマの一つでした。

まとめ

いやーこういうのワクワクしますよね。しかもForgeを活用すれば、発想力次第でアプリが生み出せていけるわけですよね。私たちも近々参加したいなぁと思った次第です。

今日はこんなかんじで!

それでは!