top view photo of people near wooden table

こんにちは、プロセスコンサルタントのYoshiyaです。

9月に入りましたがまだまだ暑い日が続きそうです。リモートワークも半年続いていますが、たまには外で仕事したいと思っています。どこか広いウッドデッキみたいな場所で作業してみたいです。

今回は10月16日(金)12時から開催する弊社とアトラシアン社との共催イベントの紹介です。プロジェクト運用力を上げるテクニックやヒントについてのウェビナーです。 ぜひ参加登録ください。

ZOOM Webinar 【参加無料】企業の生命線 プロジェクト運用力をアップデート

https://zoom.us/webinar/register/6615893377757/WN_r4kTMrk5QZWd9_i88wkv_g

自分たちの実現するものを正確に把握しているか?

今回はプロジェクト運用力向上のヒントとなる考え方やテクニックを紹介します。

企業内でプロジェクトは自社の製品や組織を変えるとき等に結成され運用しますが、そのプロジェクト自体がいろいろなケースでうまくいかないことが出てきます。

いくつかの問題点はあると思いますが、まずは自分たちが実現するものを正確に把握している必要があります。

今ではタスク管理ツールでタスクを管理する企業は増えてきていますが、目的や目標管理をタスク管理といっしょに行えている企業はまだ少ないと思います。

タスク管理を中心に考えすぎると目的や目標との整合性等が崩れることがあるため定期的に”振り返り(Retrospective)”を行い目的や目標を再度確認し、タスクの整理を行ったり優先度をつけなおしたりします。

この活動を行うことで、自分たちの目的や目標の精度を保つことができます。

”振り返り(Retrospective)”重要です。振り返りを行うことで計画に反映します。計画から始めるのではなく、振り返りから始めます。

弊社では、Jiraの導入時にタスク管理に関係する目的や目標管理のための活動面(計画や振り返り)を含めた導入コンサルティングを行なっております。


導入コンサルティングのお問合せは以下

実際どうやってプロジェクト運用力を上げるのか?

ではどうやってプロジェクトの運用力を上げることができるのでしょうか?

いくつも運用力を上げるポイントがありますが、1つ挙げるとすると 会議(ワークショップ)の進め方です。

会議やワークショップの品質こそプロジェクトの品質と言っても良いかと思います。

会議の進め方にも複数の要素があるのですが、以下が必要です。

  • 準備:会議やワークショップで実行する内容の準備(≒議事録フォーマットの事前準備)
  • 会議中:共同編集ができる議事録(議事録を参加者がリアルタイムに見れる・編集できる)
  • 決定事項:議事録に連動した目標やタスクの設定と連動(タスク管理ツールとの連動)

これらをスムーズに連動させることで決まったことを探したりアサイン漏れを防止することができます。

実際には、アトラシアン製品のJiraとConfluenceやZOOM(ビデオ会議)・Miro(ディスカッションツール)といったリモート支援ツールを使って会議を効率化します。

この効率化についてイベント内で紹介を予定しています。

ぜひ10月開催のアトラシアン共催イベントに参加し自社のプロジェクト運用力向上のヒントにしていただければと思います。

ZOOM Webinar 【参加無料】企業の生命線 プロジェクト運用力をアップデート

https://zoom.us/webinar/register/6615893377757/WN_r4kTMrk5QZWd9_i88wkv_g

リモートPMOサービス(仮)を企画中

弊社はアトラシアン製品の導入経験から2020年10月以降に新しいプロジェクト支援の形を模索しています。

プロジェクトの運用支援(PMO支援)にアトラシアン製品(Jira・Confluence)を活用し、プロジェクト管理・議事録の管理・ドキュメント管理等を高効率で整理されたプロジェクト環境を提供する予定です。すべてリモートで提供するサービスですが、ZOOM(ビデオ会議)やSlack(チャットツール)・Miro(ディスカッション)等の活用方法なども合わせてアドバイスする予定です。

これからプロジェクトを立ち上げる予定がある場合はチャットまたはお問合せフォームよりお問い合わせください。新サービスの特別対応とし特別価格で設定させていただきます。よろしくお願いいたします。

まだ暑い日が続きますが体調を気を付けて頑張りましょう。